Mina Log - ミナログ -

空飛ぶデザイナーが見つけた、世界の「デザイン」と「クオリティ・オブ・ライフ」

梅雨空を吹き飛ばす!爽快食前酒アペロールを東京イタリアンで。【ミナログ】


雨が降ったり止んだりの梅雨らしい週末。

今週もお疲れ!と夫と向かった店は

前から行きたかったイタリアン

マンマルイザズテーブル。

マンマ ルイザズ テーブル - ホーム | Facebook

 

在日イタリア人に愛されるこのお店。

「ボナセーラ!」とイタリア人オーナーが迎えてくれて

オープンキッチンのカウンター席に

案内してくれました。


アンティーク家具の実用づかいが

実に上手なインテリアのお店で

キョロキョロ見ないようにするのが必死。

 

f:id:sensedemina:20190630000102j:plain

子供っぽくないナチュラルさを見習いたい。


 

 席につくと、

”LEDでないキャンドル”と”造花ではないお花”が、ポン!とテーブルに置かれて。

 

 

f:id:sensedemina:20190630001001j:plain

さりげなく置いてくれたキャンドルとお花。赤いアンティークポットも可愛い。

  

「花・キャンドル・おいしいもの」

 

の3種の神器は欠かさないのは

さすが、ヨーロピアン。

 

 

ささやかな贅沢を嬉しく思いながら

ドリンクメニューを開くと

 

ありましたよ!

 

アペロールが!

 

アペロールは先日の記事に書いた

オレンジの皮からできたお酒。

 

www.sensedemina.com

 

オーダーすると、オーナー、ニヤリ。

 

去年ヨーロッパでね・・・と話すと

 

”Baleta Cavaと合わせるのが、今、流行ってるよ。”

と、教えてくれました。

 

f:id:sensedemina:20190630000137j:plain

オーナーが作ってくれるアペロールのアペリティーヴォ。

早速、一口。

 

あ〜〜〜〜〜。涙出る。

 

この大人のオレンジ味が

梅雨時のだるい身体中を

ピリピリと覚醒させてくれる感じ!!!

 

夫も”いやあ、思い出すねえ・・・”と、遠い目・・・

 

f:id:sensedemina:20190630000019j:plain

ちょっと飲んじゃいましたが・・・

 

アペロールは、瞬時に私たちをヨーロッパへと飛ばし、

 

かつ、

 

日本では、梅雨時にこそ有り難みが増す

スペシャルな位置付けに。

 

柑橘系は心身ともに元気にする効果があるそうですから

梅雨時にアペロールは、メンタル的に正解のようです

 

wa-culture.com

 

さて、今日いただいたお食事は・・・

 

前菜は、ポテトとポルチーニ、に

トリュフを散らした一皿。

今週は頑張ったから奮発しましたよ。

 

リッチな味なので、白ワインをちびちび・・・にぴったり。

この味、好きすぎる。

あと3皿はいけた、ぐらいに超絶美味。

 

f:id:sensedemina:20190630000122j:plain

あと、3皿はいけた。美味しすぎて説明できない。

パスタ系は、ラザニアを。

 

f:id:sensedemina:20190630080103j:plain

このラザニアは記憶に残る。

これがまた、普通のラザニアを超えた、

ハーブやスパイスやソースや

複雑な味のマリアージュで。

アペロールの余韻ともぴったり。

 

f:id:sensedemina:20190630000159j:plain

ポークの火入れが最高。

メインはポークソテー。

こちらもハーブの効いたソースが

ジューシーなお肉と絶妙。

 

そして、ここでお腹いっぱいになっても

デザートを頂かずに帰ってはいけない。

 

なぜなら、オーナーはもともと

かのエノテカピンキオーリの

パティシエだったのです。

 

三ツ星レストランのデザートより

もっとカジュアルだけれど、

美味しさは格別。

 

今日はミルトという

ブルーベリーのような黒い実のタルトに。

 

f:id:sensedemina:20190630000117j:plain

ミルトのタルト。あまり他の店では食べられないと思う。

ちなみに、ミルトとはマートル(銀梅花)の実で

マートルの枝は英国王族が必ず婚礼に使う習慣があります。

 

キャサリン妃もブーケに使っていました。

(なぜ自信を持ってそう言えるかは、

キャサリン妃の花を担当した

英国王室ご用達のフローリストと

仕事をした時に説明してくれたので。

またこの話はどこかで。)

 

食後酒のリキュールとしては

レモンチェロが有名ですが、

イタリアのサルディーニャ地方では

ミルトのリキュールがポピュラーだそうです。

blog.068.jp

 

f:id:sensedemina:20190630000022j:plain

ミルトのリキュール。日本に入っていないそう。

この強いリキュールを飲むと、

食事が完全にまとまる感じなんですよね。

 

そういえば、南仏ではお祝いの食事は

延々と、1日中続くので、

胃もたれをスッキリさせるために

強いリキュールを食後に飲む習慣があると

聞いたことがあります。

 

調べたら、確かに。

強いリキュールは胃の消化を助けるそうです!

昔から食前酒、食後酒があるのは理にかなってるのですね。

 

www.olive-hitomawashi.com

 

お腹いっぱい・・・の食後には

強いリキュールをキュッ!胃をスッキリ。

 

が、梅雨時のお食事には正解!です。

 

ちなみに、こちらのイタリアン。

 

8月の夏休み中少し改装して、

9月からはランチもなくし、

夜だけのワインバーとタパスのお店になるそうです。

 

ランチやしっかりディナーを楽しみたい方は

7月中に行かれることをおすすめします。

 

場所は恵比寿と渋谷の間。

やや恵比寿寄りかな。

 

===◇お店情報◇===

マンマルイーザズテーブル

〒150-0011

東京都渋谷区東2丁目20−16

03-6805-1337

============

改装前に、また行きます〜。