Mina Log - ミナログ -

空飛ぶデザイナーが見つけた、世界の「デザイン」と「クオリティ・オブ・ライフ」

猫のぐりとはな。兄妹でなくても仲がいい不思議な縁。

サバとらのぐり君は今年12歳、

三毛猫はなちゃんは、今年4歳です。

 

いつもくっついて寝ています。

 

f:id:sensedemina:20200420133603j:plain

いつもくっついて寝ています。ほかほか。

 

f:id:sensedemina:20200420133424j:plain

今日は雨だねえ・・・お布団があったかくていいね。

実はぐり君には、ぐらちゃんという一緒に生まれた黒白の妹猫がいました。

2匹で我が家にやってきて、シャイな妹を、ぐり君はずいぶん可愛がっていたのですが、その妹は4年前に突然、お空の星になってしまいました。

 

 

ぐり君は日に日に寂しそうで、私からくっついて離れなくなってしまった時期もありました。

ぐり、一緒に乗り越えていこうね、、、と話しながら、ぐらちゃんの49日の法要でお寺に行った時のこと。

なぜかお坊さんが、”1週間前に猫を保護したのですが、ちょっとみますか?”と。

 

いや、今、法要終えたところですけど?と思いながらも、

そ、そうですね・・と対面してびっくり。

 

ぐらちゃんが、三毛猫に着替えて小さくなったような、良く似た猫だったのです。

これが今のはなちゃんです。(お寺ではおチビちゃんと呼ばれていました。)

特に、アゴの下にハケで塗ったような黒い柄が同じ位置にあったのには、鳥肌が立ちました。

こんなことあるんだなあ、と。

 

f:id:sensedemina:20200420143736j:plain

お寺でのはなちゃん。

 

心の整理は全くついていなかったのですが、このご縁はきっといい出会いに違いない!

ぐり君も元気になる!と直感しました。

 

この感応寺さんというお寺は、ペット供養のお寺で、本当に丁寧なお見送りをしてくださって、ぐらちゃんも良かったなあ、と思っていました。
住職さんが猫好きで、地域の猫を去勢し、里親のボランティア活動をされています。

www.kannouji.com

里親の場合、先住猫との相性のこともよくご存知だったので、1週間相性をためしてみて、難しかったらまたお寺が次の里親さんを探します、と言ってくださったので、安心してまずはお見合いの日程を決めることにしました。

 

最初に、はなちゃんがやってきた時、ぐり君は警戒と興味半分で、はなちゃんの入っているゲージ周りをウロウロしていました。

 

一方はなちゃんの方は、借りてきた猫で、最初はじっと動かなくて、大丈夫かな・・・と心配でした。

 

f:id:sensedemina:20200420143744j:plain

じっと動かない・・・



少しづつゲージから出して、ぐり君と対面時間を長くするようにしたら、2日目にはびっくり。

はなちゃんは、すぐにコロンとお腹を出して、ぐり君に降伏ポーズ。

あっという間に、ぐり君の心を掴んでしまいました。

 

f:id:sensedemina:20200420143733j:plain

ぐり君、母性たっぷり。

それからは、ぐりは、ぐらちゃんとの生活を思い出したように可愛がり始めました。

 

はなちゃんはその時生後4ヶ月強ぐらいだったのですが、外やお寺で先輩猫と色々と苦労したのか、要領いいところや、たくましさもあり、小さいのに負けてないので、ぐり君のいい遊び相手になりました。

 

また、私たち飼い主にとっても、はなちゃんの存在は本当に救いになりました。

多分、はなちゃんがいなかったら、皆の精神的な回復には相当な時間がかかったかもしれません。本当に突然のお別れだったので。

 

ちなみに感応寺さんを紹介してくれた友人は、何度かお見送りでお寺に行ったけれど、その時にはタイミングよく保護猫はいなかった、とのこと。

なので、このご縁は今でも不思議だなあ、と思っています。

 

f:id:sensedemina:20200420133507j:plain

のびのび自由な、末っ子女子。

二匹でくっついて寝ているところを見て、ふと、そんなことを思い出した雨の午後です。

みなさま今日も引き続き、#staysafe !

寒いのであたたくしてお過ごし下さい。