Mina Log - ミナログ -

空飛ぶデザイナーが見つけた、世界の「デザイン」と「クオリティ・オブ・ライフ」

なぜ近所のカフェが心地良いのか。極意を知る日曜の朝。

雨の土曜日から、今日は朝から快晴の東京。

自粛で曜日を忘れてしまっても、日曜日だけはわかりますね(笑。

 

朝ヨガ→駒沢公園をウオーキングをして、

馴染みのカフェにふらっと寄ってモーニングを。

 

私はバインミーのセット、夫はアボカドトースト。
 

f:id:sensedemina:20200517141854j:plain

バインミー。レバー感がなかなかいい。

f:id:sensedemina:20200517141924j:plain

アボカドトースト。サワークリームのソースと一緒に食べると美味しい。

 

今日はオープンエア席で。

朝の風が吹き抜けて、席間も空いているから開放感。

朝番スタッフのお姉さんとの程よい距離感の会話も、心地良い〜。

 

ああ、やっぱり落ち着く・・・

プレートも美味しかったし。

 

あまりに気持ちよくて、

食後のコーヒーを飲みながら、

つい夫に聞いてみたこと。

 

(私)”このお店って、なんでなんかふらっと寄りたくなるんだろうね?”

 

(夫)”みんなが好きなものがあってコミュニティー的な良さもあるからじゃない?”

 

 

さすが、マーケター的なロジカル回答。

 

 

でも、なんかもう一段、腑に落ちたくて、

お店のウェブサイトを初めてチェックしたら、

オーナーの山本宇一さんのコンセプトの言葉に極意がありました。

 

「何もかもが普通で、特別な店」

 

www.heads-west.com

 

さらに、結びの言葉に脱帽。

 

「普通の店、日本代表」

 

そういうことか〜! 

めちゃくちゃ腑に落ちて、

誰かに言いたくて、ついブログに書いた次第。

(お店紹介の言葉選びのセンスが抜群で、それにもしびれました!)

 

 

普通と特別

 

この相反する矛盾コンセプトを、

 

 

45年も前にカフェに落とし込んで浸透させた、

オーナーさんってすごいなあと。

 

 

しかも、日本代表と言うぐらいの、

突き抜けた普通ってかなり難しいけど、

具体的に知りたいな、と思ったら、続けてこんな言葉が。

 

 

「トレンドもブームも関係ない。

ここに何かあるのか、何もないのか

わからない。」

 

うー、深い。

わからないから人は惹かれ続けてしまう。

  

私がここのオムライスが無性に食べたくなるのは

そういうことだったのか!

 

今朝も近所の元サッカー選手がご家族で店内に入って来ましたが、

有名人だってきっとそうなのでしょうね。

 

そして、この普通で特別感は、接客からも感じるのがまたすごいところ。

 

”モーニング始めるんです〜”、と教えてくれたお姉さん。

私たちが行ったら、”あ、来てくれたんですね〜。”と。

 

お互い覚えてる(笑!

 

店長のお姉さんの接客も若いのにいつもさすが、と思うのですが、

今日は、出勤して来た時に、席から手を振ったら

振り返してくれただけでなく、

帰りもまた、ありがとうございました〜、と手を振ってくれました。

 

なんかね、ツボなんですよね。

この期間だから、なおさらのほっこり感。

 

普通で特別。

 

これって、これからの時代、

いろんな分野で人を虜にする極意かもしれない!と

すごく勉強になった朝でした。